事業内容 BUSINESS ACTIVITIES

システムインテグレーション

ビジネスの基盤となる、システムをつくる。

1980年代から通信市場の成長性を見極め、他社に先駆けて独自の技術力を確立した当社は、通信制御ソフト開発業務を拡大。成長の波に乗りました。その後、財務会計システムなどの官公庁関連のシステム構築業務をスタート。着実に実績を重ね、近年では新たに金融分野を開拓。これらのシステム開発を通じて、今日では通信・金融関連優良企業、官公庁など大口顧客との安定した取引関係を長期に渡り継続しています。

  • 公共分野

    官公庁関連システムなど社会を支える公共システム分野に数多くの実績を有するのが当社の特徴のひとつ。「税務・財務システム」「労働保険・社会保険システム」「健康保険システム」「貿易流通システム」「航空・交通管制システム」など、高い信頼性、深い業務理解が求められるシステムを数多く手掛けています。これらのシステム開発を通じた優良企業・官公庁など大口顧客との長期・安定した取引関係が、当社の事業基盤となっているのです。

    公共分野
  • 通信ネットワーク分野

    設立以来、当社の強みとなっている通信ネットワーク分野。さまざまな開発を通じて、通信関連の有力企業との取引関係を築いています。携帯電話の基地局、インターネットの核であるルータやゲートウェイなど、通信制御装置のファームウェア開発を行っています。

    通信ネットワーク分野
  • 金融分野

    新しい事業基盤とするべく注力しているのが、金融ビジネス分野です。公共分野でのプロジェクトの経験を通じて蓄積したノウハウが、当社の競争力の源泉となり、金融分野においても「生命保険」「損害保険」「信託」「証券」「政府系金融システム」「クレジット」等の多岐にわたる業務システムについて、安定した取引を確立しています。

    金融分野

FOCUS Human Message

STAFF VOICE 状況、環境、条件がやりがいになる。

  • 与えられた条件で、最大限何ができるか考える。

    私は入社以来ずっと官公庁のプロジェクトを担当してきたのですが、ある機会に初めて民間企業さまを担当することになったんです。そのプロジェクトは、今までとは予算の規模から求められるものまですべてが違い、私の仕事への取り組み方に大きな影響を与えるプロジェクトになりました。与えられた状況下で自分にどのような仕事ができるのか。今では、それを考えるのがすごく楽しくなりましたね。

    与えられた条件で、最大限何ができるか考える。

  • この道のプロとして、どこでも通用する人間を育てる。

    この道のプロとして、どこでも通用する人間を育てる。

    入社1年目でも10年目でも、お客さまから見れば私たちはこの道のプロです。だからこそプロとしての自覚を持って、しっかりとした仕事をする。そうして作り上げたものにこそ価値があるのだと私は思っています。今では私も人材を育成する立場。どんなプロジェクトを担当しても、たとえフォーカスシステムズから活躍の場を移すことがあっても、プロとして信頼されるスタッフを育て上げたいですね。

ページトップへ戻る