企業情報 CORPORATE PROFILE

次世代育成支援の取り組み

職業生活と家庭生活の両立をめざして

当社は、平成23年3月1日付で、東京労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「基準適合一般事業主」に認定され、次世代認定マーク「くるみん」を取得いたしました。

「次世代育成支援対策推進法」とは急速な少子化の流れを変えるため、平成15年7月に成立した法律です。この法律は、次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境整備を進めるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、次世代育成支援対策に取り組んでいくことを目的に、平成27年3月までの時限法として制定されましたが、平成37年3月31日まで10年間期限が延長されました。

当社では、「次世代育成支援対策推進法」の基本理念に沿って、従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた、多様な労働条件の整備などを目的として計画を策定いたしました。

次世代認定マーク「くるみん」

第4回行動計画(平成29年4月1日~平成32年3月31日)
平成32年3月31日までに、短時間勤務制度(時間短縮勤務、および時間短縮フレックスタイム勤務)の利用期間を小学校就学前までから小学校3年生までに延長します。
【過去の取り組み】
・配偶者出産時の男性従業員の特別休暇の取得促進を進め、休暇を取得しやすいようにしました。
・定時退社日を導入しました。
・育児・介護休業法の改正に対応するとともに、子どもの看護休暇の対象者を「小学校卒業までの子を養育する従業員」に拡充しました。
・出産・育児ガイドブックを作成しました。
・「出産時のお祝い」を実施しました。
・再雇用制度(ジョブリターン制度)を導入しました。

今後においても、仕事と家庭の両立を支援するための雇用環境の整備等を実情に沿って、行動計画に取り組んでいきたいと思います。

以上

ページトップへ戻る