株式会社フォーカスシステムズ

CSRCORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

「 リスクマネジメント 」

事業活動におけるリスクの早期発見・対策実施により、さらなる信頼の獲得を目指します。

当社は、事業活動におけるリスクを把握・管理を徹底し、リスク顕在化によるステークホルダーの損失を最小限に留めるために早期発見および復旧、再発防止に努めていきます。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)

当社は2009年、情報セキュリティマネジメントシステムの確立の一環としてISMS認証を取得しました。
本認証取得により、当社の情報セキュリティマネジメントシステムが国際標準規格に準拠していることが証明され、お客さまおよび社内の重要な情報資産を確実に保護する体制が整いました。
今後もお客さまより一層信頼される企業を目指し、認証基準に基づく情報セキュリティマネジメントシステムの維持・改善に取り組んでいきます。

ISMSとは、個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用するものです。(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JPIDEC)ホームページより)

情報セキュリティ基本方針

個人情報保護マネジメントシステム(PMS)

当社は2005年、情報セキュリティマネジメントシステムの確立の一環としてプライバシーマークの付与認定を受けました。
当社個人情報保護方針に定めておりますとおり、個人情報の重要性を重んじ、確実に個人情報を管理していくよう仕組みの維持・改善に継続的に取り組んでいます。

プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。(一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JPIDEC)ホームページより)

個人情報保護方針 個人情報の取扱いに関する公表事項

品質マネジメントシステム(QMS)

当社では、品質方針を実現するために品質マネジメントシステム(QMS)を全社に適用し、お客さまへ高品質の製品やサービスを提供できる体制を整えております。
今後もお客さまから一層信頼される企業を目指し、QMSの維持・改善に取り組んでいきます。

品質方針

組織はお客さまに対し、高品質の製品を提供するために、ISO9001の要求事項を遵守し、社内に品質マネジメントシステムを確立し、継続的改善をしていく。また、全体的な品質目標を年度ごとの方針管理活動の中で定め、その実績を評価する。各部署では、作業の正しいやり方を新たな仕事の発生の都度定め、必要な教育を実施、全員がそれを守り達成することによって、お客さまの満足を得る。この品質方針は、毎年、組織方針の中で見直しを行う。

平成14年4月 1日 制定
平成17年5月31日 改訂

品質マネジメントシステム(Quality Management System)とは、絶えず変化する顧客ニーズに応えるために、プロセスを継続的に改善し、製品やサービスの品質を保証するための管理体制のことです。ISO 9001は、製品やサービスの品質保証を通じて、顧客満足向上とQMSの継続的な改善を実現する国際規格です。

情報セキュリティ教育

当社では、各種マネジメントシステムに関する従業員への教育を、e-ラーニングにより行っています。以下、受講実績となります。

eラーニングの教育実績

反社会的勢力排除

当社は、反社会的勢力を排除することは、社会的責任および企業防衛の観点からも必要不可欠であると考えております。反社会的勢力との取引防止に向けた取り組みを、外部の専門機関と連携しながら組織全体で行っております。
反社会的勢力排除に関する基本方針