事業内容 BUSINESS ACTIVITIES

セキュリティ/フォレンジック

情報化社会のリスクは、コントロールできる。

最先端ICTをベースに、新たなソリューションを創造する当社のスタイル。その代表的な存在が、あらゆる人がIT環境を活用するようになった現在において避けては通れない「情報リスク」をコントロールする、セキュリティ/フォレンジック事業です。自社セキュリティ製品のご提供をはじめ、お客さまシステムへのセキュリティ機能の組み込み、電子機器の調査・解析など幅広くサポートしています。

  • 暗号技術

    技術革新や、インターネットの普及により、情報資産はデジタル化され、様々なリスクにさらされています。私たちは、これまでに培った暗号技術のノウハウを基に、先進的な製品や技術を駆使してお客さまの情報資産を守るトータルセキュリティを展開しています。

    暗号技術
  • デジタルフォレンジック

    コンピューターやネットワーク等の不正使用、サービス妨害、データ破壊、意図しない情報開示などに対し、電磁的記録の証拠保全及び調査・分析を行うとともに、電磁的記録の改ざん・毀損等についての分析・情報収集等を行います。

    デジタルフォレンジック
  • eDiscovery(電子情報開示)

    アメリカでは、公判の前に当事者同士が、公判に関連のある情報を開示する手続きをDiscovery、そのうちの電子保存情報を対象とする部分をeDiscoveryといいます。当社では、主にアメリカへ進出した日本企業に対してeDiscoveryの効率的な対応について支援しています。

    eDiscovery(電子情報開示)
FOCUS Human Message FOCUS Human Message

FOCUS Human Message

STAFF VOICE 市場が育っていく。それを体感できる仕事。

  • 注目を浴びだした、フォレンジック分野を開拓。

    私はお客さまに製品やシステムのご提案を行う、営業コンサルタントをしています。その一環としてデジタルフォレンジックに関する情報のご提供、製品のご提案を行っているのですが、まだまだフォレンジックは言葉としても概念としても、一般的とは言えません。そのため、ご提案以前にその概念や意識を普及するという活動も、可能性が広がるこの分野における私の重要な役割の一つだと思っています。

    注目を浴びだした、フォレンジック分野を開拓。

  • ときにはとても大きなスケールで社会とお客さまに貢献できる。

    ときにはとても大きなスケールで社会とお客さまに貢献できる。

    私は就職活動を行なっているころから、世の中に貢献できる仕事をしたいという強い思いを持ってきました。現在担当させていただいている官公庁のお客さまとの仕事では、今の日本に必要な技術について、コンサルタントとして、お客さまのすぐ近くで、情報提供やトレーニングなどを通じて、ご支援することができています。私の仕事が社会のために役立っていると思うと、非常にやりがいを感じますね。

ページトップへ戻る