株式会社フォーカスシステムズ

IRポリシーIR POLICY

ディスクロージャーの基本方針

当社は投資家の皆様への適時適切な会社情報の開示が健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分認識するとともに、 常に投資家の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう社内体制の充実に努めるなど真摯な姿勢で臨んでおります。

情報開示の方法について

開示する情報については、金融商品取引法および東京証券取引所の定める「適時開示制度」に沿って情報開示を行っており、開示する情報は、TDnetへの登録、及び当社ホームページでの掲載の他、複数のメディアへの資料配布(プレスリリース)等の方法によって開示しております。

インサイダー取引の防止について

当社が印刷物やホームページにおいて発信する情報、電話や問い合わせフォームによるお問い合わせへの回答、取材等において公開致します情報は、当社に関し既に発表(開示)されたか、もしくは周知の情報とさせて頂きます。役員等が取引関係者に意図せず「重要情報」を伝達し、フェア・ディスクロージャー・ルールに基づく公表が必要となった場合には、速やかにTDnet及び当社ホームページにおいて当該情報の公表を行います。

IR活動の沈黙期間について

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算日翌日から決算発表までをIR活動の沈黙期間とし、当該期間は決算に関するコメント・お問い合わせに対する一切の回答を控えるほか、個別のミーティング、会社説明会の開催を控えさせて頂きます。ご了承のほどよろしくお願い致します。
ただし、沈黙期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示規則に従い適宜公表致します。