株式会社フォーカスシステムズ

モノのインターネットIoT

Check the Room ~会議室利用状況確認システム~

  |  INDEX  |  導入事例  |  ダウンロード  |

Check the Room ~会議室利用状況確認システム~

ビーコンと受信機を利用し、会議室など各部屋の利用状況を一目で確認可能。現在の使用状況を見える化します。

 contents | ▼更新情報 | ▼特長 |  ▼機能 |  ▼構成 |  ▼利用方法 |  ▼動作環境 |  ▼ダウンロード |

更新情報
お知らせ IoT Ceatec Japan 2017 出展のお知らせ
「展示会に関するお知らせ」
10月3日(火)~6日(金)に開催されるCEATEC JAPAN 2017のBluetooth SIGブース内にてFCS1301及びCheck the Room (会議室利用状況確認システム)、ビーコンとスマートグラスが連携したAR動画再生システムを出展致します。 各製品のデモンストレーションを行いますので、是非この機会にご来場ください。
詳しくはこちらから!
2017.09.05

更新情報一覧はこちら

特長
Check the Room ~会議室利用状況確認システム~ とは

・会議室の予約が埋まっているのに、空室が多い。
・利用状況は実際に足を運ばないと確認できない。
というお悩みに対し、【Check the Room ~会議室利用状況確認システム~】を 導入することで自席のPCから一目で確認することができるようになります。

機能

会議室の利用状況や利用人数、鍵の貸出し状況を把握することができます。 実績データはDBに保管されるので、統計データとして利用することが可能です。

構成
納品物 Beacon、Gateway、マニュアル
利用方法
利用環境

人もしくはモノにつけたBeaconが電波を発信し、BLE Gatewayがその電波を受信することで BLE Gataway Serverと連動し、端末画面(PC/スマートフォン/タブレット等)に 利用状況が表示されます。

利用者(ユーザー様)

ブラウザーを使用して、指定のURLにアクセス頂くだけで最新情報の閲覧が可能となります。

動作環境
必要環境 Linux、NodeJS、MongoDB
必要HW Beacon、Gateway、インターネット環境
ダウンロード
製品カタログ

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ  ITイノベーション事業本部 セキュアサービス室

E-mail:product@focus-s.com

03-5420-2470

FAX:03-5420-9510

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3