株式会社フォーカスシステムズ

セキュリティソリューションSECURITY SOLUTION

acuagraphy PictureMark

acuagraphy PictureMark

特定の文字列を目に見えない形で、静止画に埋め込むことで、コンテンツ管理や著作権保護、リアルタイムに利用すことで流出元の特定も可能です。ライブラリとAPI仕様書でのご提供のため、システムや製品に組み込むことができます。

 contents | ▼更新情報 | ▼特長 | ▼機能 | ▼構成 |  ▼利用方法 |  ▼価格 |  ▼動作環境 |
|  ▼導入事例 |  ▼ダウンロード |

更新情報
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.1 PHP版をリリースしました 2018.09.17
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.1 をリリースしました 2018.09.14
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.0 PHP版をリリースしました 2018.04.25
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.0 Java(JNI)版をリリースしました 2017.09.04
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.0 コマンドライン版をリリースしました 2017.09.04
お知らせ acuagraphy Picturemark Ver.4.1.0をリリースしました 2017.09.01
お知らせ acuagraphy 第3回 先端コンテンツテクノロジー展
「展示会出展に関するお知らせ」
6月28日(水)~30日(金)に開催されるコンテンツ東京2017 第3回 先端コンテンツテクノロジー展のパナソニックソリューションテクノロジー株式会社様ブースにて電子透かしacuagraphyシリーズを出展致します。パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社様の文書管理システム「CrossLead」と組み合わせて、デモンストレーションを行いますので、是非この機会にご来場ください。
詳しくはこちらから!
2017.06.09
特長
電子透かしacuagraphyの機能をシステムに組み込み

電子透かしacuagraphyをSDK(Software Development Kit)と言う形でお渡しすることが出来ます。
API(Application Programming Interface)仕様を公開致しますので、上位アプリケーションから呼び出してご利用いただけます。

一般的なほとんどの静止画に対応可能

JPEG、BMP、GIF、PNG、TIFFなど一般的な画像ファイルを取り扱うことが可能です。
上記以外のフォーマット、透過背景を持つPNGなどは、お問い合わせ下さい。

メモリー上のデータに対しても利用可能

メモリー上に有る画像ファイルはもちろんのこと、メモリー上に展開されたRGBデータに透かしを入れることも可能です。

機能
埋め込み、検出が1つのモジュールで処理可能

1つのSDKで、透かしの埋め込み、検出の両方が可能です。
対象の画像が、HDD上のファイルではなく、メモリ上に保持された画像ファイルや、メモリ上に展開されたRGBデータの場合にも、対応が可能です。
これにより、各種アプリケーションへ組み込んでいただく事が可能になります。

多様なサーバーOS、開発環境に対応

Windows Server、Linux、UNIXなど、各種OSに対応が可能です。
開発環境も、C、C++ を始めとして、Java、PHP、Parlなど各種開発環境でご利用いただけます。

構成
納品物 CD×1枚、ライセンス証明書、サポート証明書
利用方法
個別情報を埋め込んだ形での画像表示が可能

会員IDなど個別の情報を埋め込んでから画面表示させる事も可能です。
これにより、個人を識別する形で情報を埋め込むことも可能です。 ※事前に処理速度などの確認が必要です。

価格

詳細はお問い合わせ下さい

動作環境
対応OS Windows Server、Linux、UNIX など、詳細はお問い合わせ下さい
開発環境 C、C++ 、Java、PHP、Parl など、詳細はお問い合わせ下さい
導入事例
acuagraphy PictureMark
株式会社毎日新聞社様

acuagraphy PictureMark
Mainichi Photo Bankの外部販売用報道写真の著作権保護を目的に
ご利用いただきました。

acuagraphy PictureMark
早稲田システム開発株式会社様

acuagraphy PictureMark
美術館・博物館様向けの収蔵品管理システム I.B.MUSEUMにご採用いただきました。
美術館・博物館様向けの各インターネット公開ページに掲載される
画像の著作権保護に一定の効果を発揮します。

ダウンロード
製品カタログ

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ
ITイノベーション事業本部 セキュアサービス室

E-mail:product@focus-s.com

03-5420-2470

FAX:03-5420-9510

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3F