株式会社フォーカスシステムズ

セキュリティソリューションSECURITY SOLUTION

acuapicture

acuapicture

特定の文字列を目に見えない形で、静止画に埋め込むことができるWindowsアプリケーションです。Webサイトに掲載する画像などにすぐに電子透かしを埋め込むことができ、検出の確認も可能です。

 contents | ▼更新情報 | ▼特長 | ▼機能 | ▼構成 |  ▼利用方法 |  ▼価格 |  ▼動作環境 |
|  ▼導入事例 |  ▼ダウンロード |

更新情報
お知らせ acuapicture Ver.4.1.0 をリリースしました
acuapictureは、以下の機能追加、機能改善、不具合を改修し、Ver.4.1.0 をリリースしました。

■機能追加・改善
【埋め込み】
・画質と強度の組み合わせが選択できるようになりました。

【検出】
・検出精度を向上しました。

【バッチ処理】
・選択したフォルダのサブフォルダも処理の対象とすることができるようになりました。
・電子透かし埋め込み時、検出の確認ができない場合、自動的に強度を上げて埋め込みができるようになりました。

■不具合改修
・Gif画像への電子透かし埋め込みの際、アプリケーションが落ちる現象を改修しました。
・アンインストールの際、一部システムファイルが残る現象を改修しました。

2017.09.01

更新情報一覧はこちら

特長
電子透かしとは

静止画の中に人間の目には見えない形で情報を埋め込むことが出来ます。
この情報は、画像をコピーされても消えません。

良好な画質と高い耐性

一般的な電子透かし製品に比べ画質劣化が少なく、画像フォーマット変換などもに対応が可能です。
※画質劣化と耐性はトレードオフの関係になります。

機能
簡単操作

acuapictureはGUI付のパッケージ製品です。
画像処理ソフトを扱うようにアプリケーション内に画像を読み込み、簡単に透かし情報を埋め込むことが可能です。
本製品で、透かし情報の埋め込みと検出の両方を行うことが出来ます。

IDと透かし情報

ご注文時にご指定いただく”透かしID”と”透かし情報”の2種類の情報を画像に埋め込む事が出来ます。
IDは固定情報ですが、透かし情報はコンテンツ毎に変更が出来ます。
よって同じに見える画像でも、全く違う情報を埋め込んで運用することが可能になります。
※他のIDが埋め込まれている画像からは、透かし情報を読み出すことは出来ません。

画質と耐性

画質と耐性はトレードオフの関係に有ります。
画像の縮小や圧縮などは画素(ピクセル)情報を減らすことと同じですので、それに伴い埋め込んだ透かし情報も減って行ってしまいます。
これに対応するため、透かし情報を”強く”埋め込むことが可能ですが、それに伴い画質は劣化します。
この画質と耐性のバランスを取るため、埋め込む強度は5段階で調整が可能です。

構成
納品物 CD × 1枚、ライセンス証明書、サポート証明書
利用方法
著作権の主張

埋め込んだIDを基に、この画像は自分のものであると言う主張が可能になります。
見分けが付き難い類似画像が多くある場合、有効な手段となります。

流出抑止

コンテンツ毎に違う情報を埋め込めるため、誰に渡した画像かと言う特定も可能になります。
万一、画像が流出してしまった場合に流出画像から透かし情報を検出すれば、誰に渡した画像が流出したのかの特定が可能になります。
これにより不用意な画像流出を抑止することが出来ます。

価格
価格

1,200,000円

年間保守

240,000円/年(初年度より必要)

動作環境
対応OS Windows 7/ 8/ 10、Windows Server 2008R2/ 2012
導入事例
acuagraphy PictureMark
株式会社集英社様

acuapicture
デジタル版週刊誌に掲載画像の不正利用抑止を目的として、ご採用いただきました。

 

acuapicture
株式会社飛鳥園様

acuapicture
寺社仏閣の画像を販売される際の画像の著作権保護を目的にご採用いただきました。

導入事例一覧はこちら

ダウンロード
製品カタログ

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ
ITイノベーション事業本部 セキュアサービス室

E-mail:product@focus-s.com

03-5420-2470

FAX:03-5420-9510

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3F