株式会社フォーカスシステムズ

セキュリティソリューションSECURITY SOLUTION

C4Custom

C4Custom

軽量・高速を特徴とした弊社独自の共通鍵暗号です。Windows、Linuxを中心にご要望のOSに対応することが可能です。 暗号ライブラリとAPI仕様書でのご提供のため、システムや製品に組み込むことができます。

 contents | ▼更新情報 | ▼特長 |  ▼機能 |  ▼構成 |  ▼利用方法 |  ▼価格 |  ▼動作環境 |

更新情報
お知らせ C4S Windows 7 / 10 / 2016 に対応しました
C4S Ver.1.21(C言語対応の 32bit モジュール)は、 以下のOSに対応しました。
対応OS:
Windows 7( 64bit )
Windows 10( 64bit )
Windows Server 2016( 64bit )
※Visual C++2012 ランタイムが必要です。
2017.11.01

更新情報一覧はこちら

特長
カオス理論を利用し、安全性と処理性能を両立させた独自暗号アルゴリズム

C4Custom(C4暗号技術)は、安全で強度の高い共通鍵暗号です。 擬似乱数発生器にカオス関数を使用し、 さらに独自のキーストリームセット生成法、および暗号ベクトルによって、可変長鍵に対応しております。
この技術によって、暗号学的に安全な、乱数性の高い擬似乱数を実現し、暗号アルゴリズム全体の処理速度、および処理効率も向上しています。

マルチプラットフォーム対応

安全で処理速度の高いセキュリティ環境を、マルチプラットフォームで実現できる暗号アルゴリズムです。
汎用機から組み込み向けまで、様々なオペレーティングシステム(OS)に対応しています。 また、各OS間において、暗号/復号の互換性が確保できます。

機能
暗号鍵の長さを自由に設定可能

暗号鍵の長さは「可変長」で、8bit以上(推奨値 65,536bit)で自由な長さに設定可能です。 必要な安全性と処理速度のバランスを考慮しながら、セキュリティレベルに合わせて設定することができます。 ※製品側では鍵長の上限は設定しておりません。
OSの仕様、処理速度との兼ね合いを含めてご検討下さい。

軽量モジュールで高速処理

従来の暗号方式と比べて、飛躍的に処理速度が向上しています。 また、モジュール自体も小型軽量であるため、機器への組み込みにも対応が可能です。

構成
納品物 CD×1枚、ライセンス証書
利用方法
ファイル暗号化

ファイル単位での暗号化が可能です。 一般的な利用方法であり、デジタルデータであればどんなファイルでも暗号化が可能です。

メモリ暗号化

メモリ上に展開してあるデータを暗号化することが出来ます。
暗号化の前後でデータ容量が変化しませんので、メモリ管理が楽に行えます。

価格

別途お問い合わせ下さい

動作環境
対応OS Windows、Linux、組込みLinuxなど多数 (詳細はお問い合わせ下さい)

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ
ITイノベーション事業本部 セキュアサービス室

E-mail:product@focus-s.com

03-5420-2470

FAX:03-5420-9510

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3F