株式会社フォーカスシステムズ

セキュリティソリューションSECURITY SOLUTION

ワンタッチFP Pro.

ワンタッチFPPro.

起動画面にファイルをドラッグ&ドロップ、自己復号型暗号ファイルを作成します。暗号キーは自動生成されるので手間いらず、先方はアプリケーションを必要としません。

 contents | ▼更新情報 | ▼特長 |  ▼機能 |  ▼利用方法 |  ▼価格 |  ▼動作環境 |
|  ▼ダウンロード |

更新情報
お知らせ ワンタッチFP Pro. Ver.2.1.2をリリースしました
ワンタッチFP Pro.は、以下の不具合を改修し、Ver.2.1.2 をリリースしました。 zipパスワード入力時、小文字「x」が入力できない現象を改修しました。
2018.08.01

更新情報一覧はこちら

特長
製品概要

ワンタッチFP Pro.は、FP Pro.の自己復号型機能に特化したファイル暗号アプリケーションです。 ファイルをアプリケーションへドラッグ&ドロップするだけで、簡単に自己復号型暗号ファイルを作成することが出来ます。 WordやExcel等でパスワードを設定する、Zipファイルにパスワードを設定する運用を大きく変更することなく、セキュリティレベルを上げることが出来ます。

簡単操作

起動画面にファイルをドラッグ&ドロップするだけで、簡単にファイルを暗号することが出来ます。 日頃のパスワードのみの運用を大幅に変更することなく、ご利用いただけます。

暗号ファイルのZIP化

ファイルのメール添付をご利用しやすくするため、暗号ファイルは自己復号型暗号形式となりますが、ZIP化して出力されます。 また設定により、ZIPパスワードを付与することが可能です。

機能
自己復号型暗号ファイルの作成

ワンタッチFP Pro.の起動画面に暗号したいファイルをドラッグ&ドロップするだけで簡単に暗号ファイルを作成できます。
暗号ファイルはさらにZIP圧縮される為、そのままメールに添付することが可能です。

自動生成した暗号キーを利用

ワンタッチFP Pro.が自動生成した暗号キーでファイルが暗号されます。
・自動生成した暗号キーは12桁で構成されており、セキュリティレベルの維持または向上につながります。
・毎回暗号キーが異なる為、不特定多数の相手先様へのデータ受け渡しの際に有効です。

手入力した暗号キーを利用

手入力で暗号キーを入力すると、その暗号キーを使用した暗号ファイルができます。
・設定により入力した暗号キーは設定により履歴として残すことが出来る為、再度同じ暗号キーを使用する際に入力の手間を省くことが可能です。
・予め暗号キーのルールが決まっている複数の相手先様とやり取りするときに有効です。

利用方法
メールの添付ファイルのセキュリティ強化

ワンタッチFP Pro.なら、どのような相手にもメールの添付ファイルを暗号化してファイルを送信することが出来ます。 操作も簡単なため、全社的に導入して、メールの添付ファイルの暗号化を社員に徹底させることが出来ます。

USBメモリ等の記録媒体のファイル保護

USBメモリやCD・DVD等でのファイルの受け渡し用に、ファイルを暗号化して渡すことができます。 自己復号形式の暗号ファイルのため、相手側に復号ソフトは必要ありません。 ワンタッチFP Pro.の利用でセキュリティ機能がないUSBメモリ等十分に活用できます。

価格
ワンタッチFP Pro.

個別見積

お見積条件

※価格は年間使用料としてご提示いたします。
※お見積につきましては、導入予定の数量をご確認したうえでのご提示となります。
※価格には年間保守料が含まれます。

動作環境
対応OS Windows XP SP3(32bit版)、Windows Vista SP2(32bit版)、Windows 7 SP1(32/64bit版)、Windows 8(32/64bit版)
CPU/メモリ OSの使用推奨環境に準じます
ハードディスク 20MB以上の空き容量
ダウンロード
簡易カタログ

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ
ITイノベーション事業本部 セキュアサービス室

E-mail:product@focus-s.com

03-5420-2470

FAX:03-5420-9510

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3F