株式会社フォーカスシステムズ

WebアプリケーションWEB APPLICATION

Motion Board

  |  INDEX  |  製品一覧  |  SPA  |  SVF  |  Dr.Sum  |  Motion Board  |  

あらゆるデータを可視化し、意思決定を支援する情報活用ダッシュボード

複数のデータソースを集約し、リアルタイムで可視化。
様々な形式でアウトプットした情報をもとに次の打ち手をスムーズに決定するBIダッシュボードです。

更新情報
お知らせ 新規追加 2021.12.27
Motion Boardで実現できること
数十種類のチャートで幅広い分析ニーズに対応

円・棒・折れ線などの使いなれた基本的なチャートから、レーダー・ゲージ・シグナル・散布図・バブルチャート・ウォーターフォールまで
豊富なチャートを用意しています。
その他にもガントチャートやパレート図、3Dマップなどといった一般的なBIツールには使われていない特殊表現にも対応しています。
さらに「地図機能」を標準搭載しており、高精度な商用地図(MapFan、Mapion、ESRI)を利用することで効率的なルート表示や商圏分析にも活用できます。

データ入力の効率化

従来の「見える化」ツールにはなかった「入力」機能を実装しており、商談情報・活動内容・実績・顧客情報など集計結果を参照して新しい情報入力が可能です。

 

最適化されたモバイル利用により現場でも利活用

タップやピンチ(拡大・縮小)などのスマートフォンやタブレット端末特有のタッチパネル操作に対応しています。
もちろんモバイル専用の開発は必要なく、利用するその日から違和感のない快適操作が可能です。
これにより現場ユーザーでも手軽にデータ入力が可能です。

 

Motion Boardの活用事例
管理会計の効率化

 


・組織拡大に伴い、Excelによる人件費管理の負担が大きくなった
・帳簿や予算の情報が散在し、予実管理に多大な労力がかかっている
・数位をまとめる作業が煩雑化し、財務数値の反映にタイムラグが生じている


・帳簿データと予算・見込みデータを一元化、給与データと社員情報をDB化することで各事業の業績管理の工数削減
・リアルタイムに財務数値が反映されることで意思決定スピードが向上

 

全社の売上実績と営業ルートの可視化

 


・基幹システムからのデータ抽出のハードルが高く、分析レポートの作成業務が属人化
・市場シェアを高めるための営業活動効率化が求められていた
・導入当初、現場になかなか浸透しなかった


・データベースの専門知識がない人でも簡単に使えるダッシュボードを構築し、分析レポート作成の負担削減
・営業ルートの関連情報を地図データに配置することで営業ルートを可視化し、営業効率アップ
・ユーザーコミュニティ(nest)で得た知見を活かし、社内浸透を促進

 

滞留在庫の判別

 


・品目マスタには十数万点もの部品が登録されており、在庫管理で着目すべき品目の絞り込みが難しい
・滞留在庫の削減策を導く知見が属人化されている


・品目ごとの滞留状況をカラー表現することで要注意品目の可視化
・滞留在庫の原因を分析し、対応策の検討に必要な情報をダッシュボードに一元化

お問い合わせ

株式会社フォーカスシステムズ
デジタルビジネス事業本部 営業企画統括部

E-mail:db_sales@focus-s.com

住所:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-24-10 テラサキ第3ビル3F

当社ウェブサイトでは、利用者の利便性向上のためCookieを使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。
Cookie利用に同意いただける場合は、「同意する」ボタンを押してください。

同意する