目次

ダイバーシティ

多種多様な個性や価値観をもつ全ての社員が、働きがいを感じながら、活き活きと働ける環境の整備に取組んでいます。


具体的な取り組み

女性社員交流会の実施

若年層の女性を対象に、働き方などを伝え、キャリアプラン形成に役立ててもらいます。


職域創成の取り組み

2015年より、障がい者雇用の新たな職域創成を目指し、水耕栽培による野菜の生産業務を始めました。

2019年に自社ビニールハウス『ふくろうファーム千葉農園』(千葉県千葉市)を設立し、2022年4月には茨城県にある鯉淵学園農業栄養専門学校の一画に『ふくろうファーム鯉淵学園』を設立し、農業に従事したい障がい者の方の就労を実現しています。

当社取り組みにご関心のある特別支援学校の関係者や障がい者福祉施設の関係者の方、障がい者雇用にお困りの企業様の見学もしていただけます。

連絡先:総務部障がい者担当

fukuroufarm@focus-s.com

 …ふくろうファーム千葉農園…

  住所: 千葉県千葉市若葉区下田町1390 

      株式会社ファーマーズマーケット下田農場敷地内

  業務: 水耕栽培でのスイスチャード、リーフレタス生産販売

   スイスチャード水耕栽培の様子





 …ふくろうファーム鯉淵学園…

  住所: 茨城県水戸市鯉淵町5965

      鯉淵学園農業栄養専門学校敷地内

  業務: 水耕栽培でのリーフレタス生産販売

ふくろうファーム鯉淵学園





ふくろうファーム千葉農園の様子を動画でご紹介しています。

▮ふくろうファームに関するお問い合わせ

総務部障がい者担当 03-5421-7778

fukuroufarm@focus-s.com


えるぼし(女性活躍推進)

当社は、女性活躍推進に関する取組みが認められ、最上位の認定を受けています。

第三回行動計画では、女性の「継続就業」と「管理職比率」に焦点を当て、以下の目標を設定し、取組みを進めていきます。


<行動計画期間> 第三回行動計画

 2023年4月1日~2028年3月31日

<目標>

  1. 2028年3月末までに係長級(主任職)に占める女性割合を現在の7.9%から10%以上にする
  2. 男性社員の育児目的の休業等(「育児休業」、社内制度「パパ特別休暇」)取得率35%以上を維持する
  3. 女性社員の育児休業取得後の復帰率90%以上を維持する

 ※但し、配偶者の転勤等の外部要因が理由となる退職は除く

<取組内容>

対策1|女性活躍に向けた教育制度の充実

  • 女性のキャリアに特化したセミナーラインナップの拡充
  • 女性の健康に関する<span>e-</span>ラーニングの配信
  • 外部カウンセラー活用の検討

対策2|両立支援制度(育児と仕事)に対する認知度向上の為の社内周知

  • 男性社員の育児取得事例の紹介
  • 利用可能な両立支援制度や福利厚生サービスの紹介 例:社員・管理職向け等のパンフレット


中途採用比率

人生100年時代において職業生活の長期化が見込まれる中、当社は中途採用活動を積極的に取組んでいます。


2021年度2022年度2023年度
正規雇用者
中途採用比率
28%33%33%

公表日:2024年5月16日


残してきた実績

設立から48年。
大切なものにフォーカスしてきたからこその実績があります。
公共・民間ともに多数の実績を残してきました。

年間プロジェクト数

500PJ

年間取引先・顧客数

200

最長取引年数

47

延べ資格取得者数

1,870